風評被害対策は2chでも評判の良い株式会社メソッド(METHOD)のような専門企業への対策依頼が必須です。

株式会社メソッドの風評被害対策とは?

MENU

株式会社メソッドの評価

 

 

インターネットイメージ

 

インターネットが多くの情報を扱うようになり、ますます便利になる近年、ネットによる風評被害に遭う人や企業が増えてきています。
そのような中にあって、適切な解決策を提案し実行する実力を持っている会社として株式会社メソッドが注目を集めています。

 

特にメソッドの特徴としてスタッフがIT専門の技術者であり、ITサポート集団として多くの人や企業から信頼されています。
実に、今までに利用した方たちから98%の満足度を得ており、高い実績を残してきていることが各界から評価されています。

 

 

 

メソッドの技術力

 

最近の風評被害というのは巧妙化されており対策が難しいとされています。
ネット上に存在する掲示板に企業の悪口が載ってしまうことがあります。
ブラックという言葉やパワハラなどという言葉が使われてしまうと、その掲示板が人気を呼びさらにレスポンスが増えたり、掲示板のまとめサイトに取り上げられてしまったりして、情報は一瞬で拡散していきます。

 

しかも、掲示板の管理人に削除要請をしたものの、その要請がユーザーの知る所となり、情報を隠蔽しようとしたとか、やましいところがあったはずだと言いがかりを受け、より一層情報が拡散し、クレームばかりが集まって炎上することがあるのです。

 

パソコンを操作する男性

 

これらの悪質なコメントというのは、同業者からの嫌がらせであったり、元従業員や採用を断られた人の腹いせであったりするのですが、ネットを見ている人は書き込まれたからには真実だと感じてしまいます。
このようなコメントの削除をメソッドは適切に削除したり、検索エンジンに表示されないようにしたりすることができるのがメソッドの技術です。

 

さらに、幾つもの質問サイトが人気を得ており、そこでも風評被害に陥ることがあります。
この質問サイトというのは削除をしたり、悪質な回答が表示されないようにしたりするのが難しく、一般的な風評被害対策会社では対応できないところもあります。
しかし、メソッドでは他社では不可能と言われていたこのようなサイトの風評を非表示にすることができるのです。
メソッドの技術は2chでも高く評価されており、ネット上で注目を浴びています。
これはITを専門とする技術者を多く抱えているメソッドだからこそ開発できた技術であるといえるでしょう。

 

風評被害でお困りの方は風評被害対策センターへご相談ください!

 

 

 

メソッドが提供するサービス

 

問題は起きてから取り組むのではなく、起きる前から予防をしておくことが企業には求められています。
そのような対応の分野でもメソッドは万全なサービスを提供し各企業を支えています。
しかし、中小企業によってはネットの監視サービスなどを申し込んで導入しようとすると、サーバーを新設したり、管理者を新たに配属したりしなければならず、それに伴うコストを考えると二の足を踏んでしまうかもしれません。

 

 

メソッドの場合はネットの監視システムの導入がなんと0円で行えてしまいます。
このメソッドの特殊なシステムを導入すると24時間、検索エンジンや各掲示板やQ&Aサイトで企業に関係した不適切なキーワードやフレーズがないかを監視してくれます。
スマートホンを使ったSNSのやりとりまで監視してくれるのです。

 

 

 

OKサインを出す男性

実際にこのシステムは中小企業だけではなく、大手上場企業までもが危機管理対策として導入しています。
この無料のシステムは業界でも画期的なものであり、各顧客に大きな満足感をもたらしています。

 

業界の標準的なサービスに流されることなく、常に周りを驚かすサービスと確かな技術を持って企業をサポートしているメソッドは、このネット社会の中で、企業イメージや商品のブランドイメージを守っていかなければいけない各社に心強い味方となっています。

 

こうした確かな技術を持っているからこそ、業界での評判はもちろん、2chでも良い評判を集めていると言えます。

 

 

 

メソッドはITの分野でずっと自分たちも仕事をしてきたからこそ、こんなサービスがあったらいいな、助かるなというアイデアをどんどん具体化させ、顧客に提供してきました。
自社のホームページにも、自分が買いたいと思わないものは人には売らない、というフレーズが載せられています。
まさにその通りに、ITに特化した仕事をしてきたプロがほしいと思うサービスを開発し、提供しているからこそ、顧客のほとんどが満足するサービスと技術を提供し続けているのでしょう。
引き続き、ネット上で抱える多種多様な問題に取り組んでいくうえで強い味方のメソッドから目を離すことができません。